きれいな脚と花

水虫の原因菌とされる白癬菌は、一般的に真菌と呼ばれるカビの仲間であり、多くの皮膚真菌症を引き起こします。
足の皮膚に感染したケースを足白癬と呼びますが、白癬菌が感染した部位により、爪白癬、生毛部白癬、頭部白癬と呼ばれています。
又、性行為感染症のカンジダは、皮膚の常在菌の一種とされていますが、白癬菌と同じカビの仲間です。

皮膚糸状菌とも呼ばれる白癬菌は、白癬菌属と小胞子菌属、表皮菌属と分類されており、日本ではトリコフィトンルブルムやトリコフィトンメンタグロフィテス、トリコフィトントンスランスなど10種類の白癬菌が人に感染しています。
動物から人へ感染する白癬菌も確認されており、犬の小胞子菌でミクロスポルムカニスやハリネズミのバラエティーエリナセイなどが知られています。

水虫の治療に用いられるテルビナフィンは、強い抗真菌活性作用と幅広い抗真菌スペクトルを有するアリルアミン系の経口型の抗真菌薬であり、有効成分が腸から吸収されスクワレンエポキシダーゼ阻害作用によるエルゴステロール合成阻害作用の効果が期待出来ます。

テルビナフィンに含まれるスクアレンエポキシダーゼ阻害薬は、高コレステロール血症の治療薬としても処方され、真菌細胞内ではスクワレンの代謝を阻害し真菌内にスクワレンを蓄積させ、細胞膜を構成するエルゴステロールの生成を阻害します。

人間の細胞膜は、リン脂質による脂質二重層構造になっておりエルゴステロールで構成されていない為、テルビナフィンは選択的にエルゴステロールに対して毒性を発揮し、白癬菌の細胞膜を破壊し白癬菌を死滅させます。
又、テルビナフィンは、低濃度でも白癬菌に対して有効な薬理効果を発揮する点も水虫に良く効く理由です。

テルビナフィンを有効成分とする水虫治療薬にはラミシールが挙げられます。
ラミシールにはクリームタイプと内服薬タイプがありますが、もし爪水虫にかかっている場合は内服薬タイプのラミシール錠を使うことをおすすめします。
なぜかというと、爪水虫は表皮が厚いのでクリームタイプが染み込みにくく、内服薬タイプであれば血液中にテルビナフィンが溶け出すことで効き目が出るからです。
どの水虫治療薬も効かず改善できない爪水虫に困っている方にこそおすすめしたいのがラミシール錠です。

ラミシール錠を手に入れる方法

ラミシール錠は病院処方以外でも、個人輸入の通販を使えば都合に合わせて買うことができます。
今すぐラミシール錠を通販で買って爪水虫を撃退しましょう。

記事一覧
高齢者の水虫治療は通販でテルビナフィンが成分の薬を

高齢者は皮膚のバリア機能や免疫機能が低下しているために、水虫などの皮膚の感染症にもかかりやすくなっています。 水虫は白癬菌というカビが皮膚の角質層に寄生して発症する皮膚の病気ですが、高齢者は皮膚が硬くなったり厚くなったりしているので白癬菌が寄生しやすいこともあり、感染の予防に気をつけたいところです。 また、水虫は患者さんの皮膚から落ちた角質にも菌がひそんでいて、それを踏んだ別の人にもうつることがある病気なので、銭湯やデイサービスでの入浴などを利用する機会がある高齢者の方は、そういった場所で白癬菌をもらってこないように注意が必要です。 公共の場所に行った後に白癬菌に感染するリスクを下げるには、家に帰ってから手や足を石けんで綺麗に洗うことが有効だとされています。 しかし、そんな注意をしていても白癬菌に感染してしまったら、一番良いのは皮膚科で診察を受け、テルビナフィンなどの適切な治療薬をもらって治療をすることです。 白癬菌は足に感染する足白癬(いわゆる水虫)が有名ですが、爪や頭などにも感染することがあり、その場合、爪白癬、頭部白癬(しらくも)と呼ばれ、塗り薬では治療が難しい病気となります。 テルビナフィンは白癬菌のようなカビを殺菌出来る薬で、塗り薬の他に液剤や飲み薬もあるので、皮膚科で爪白癬や頭部白癬と診断された場合は飲み薬のテルビナフィンを処方されることがあるかもしれません。 さて、高齢者の方が水虫治療をしたい時に、病院へ行くのが大変な場合は通販でテルビナフィンを有効成分としているクリームや液状の薬を買うという方法があります。 テルビナフィンを有効成分として配合した薬は、大手の製薬会社が発売しているものが通販で買えるので、安心して水虫治療に使うことが出来ます。 ただ、飲み薬のテルビナフィンは普通の通販では扱っていないので、爪水虫や頭部白癬が疑われる時は皮膚科を受診するのがおすすめです。

2019年10月08日
水虫に効くテルビナフィン・授乳中の使用は可能か

テルビナフィンは抗真菌剤といってカビに対して効く薬です。 テルビナフィンはラミシールクリームという患部に直接塗布する塗り薬を筆頭に、飲み薬も広く使用されています。 また市販薬の塗り薬にもテルビナフィンはよく含有されています。 このテルビナフィンの使用用途は主に水虫です。 単純な水虫の場合には塗り薬だけの使用で十分効く薬ですが、爪白癬など内在性の症状の場合には内服薬がよく効くのでそれが使用されます。 内服薬はテルビナフィン125mgを1日1回食後に服用します。 ただし塗り薬は市販薬としても販売されていますが、内服薬は入手するのに医師の処方が必要な処方箋医薬品となっています。 この薬の作用機序に関してですが、真菌の細胞膜はエルゴステロールという脂質などによって構成されています。 テルビナフィンはこのエルゴステロールに対して影響を及ぼし、細胞膜機能を障害させ、抗真菌効果を示します。 水虫といえば中年以上の男性が主に発症するイメージが定着していますが、近年は若い女性も水虫を発症することが多くなっています。 ブーツなど湿気の貯まりやすい履物を多用するようになったことなどが背景にあると考えられます。 それではもし妊娠、授乳中の方が水虫を発症した際にテルビナフィン製剤を使用することはできるのでしょうか。 まず塗り薬タイプのものに関しては妊娠中、授乳中、いずれの場合でも問題なく使用することができます。 ただし飲み薬の場合には問題があります。 まず妊娠中には有益性が安全性を上回る場合にのみ使用が可能とされています。 妊娠初期に服用した場合に、胎児の体重減少など悪影響が出ることがあります。 授乳中に関しては使用しないこととされています。 どうしても服用しなければならない時は授乳を中止することとされています。 これは乳汁中にテルビナフィンが移行して乳児に影響する可能性があるためです。

2019年09月08日
テルビナフィンが含有される薬の種類

テルビナフィンは、トリコフィトン属やミクロスポルム属、エピデルモフィトン属などの皮膚糸状菌、カンジダ属、スポロトリックス属、ホンセカエア属に加え、白癬性肉芽腫やスポロトリコーシス、クロモミコーシスなどの深在性皮膚真菌症、爪白癬や足白癬、白雲、ケルスス禿瘡などの表在性皮膚真菌症にも有効とされています。 テルビナフィンは、白癬菌の細胞膜を構成するエルゴステロールの生合成に関与する分解酵素であるシトクロムチトクロムP450の働きを抑制し、白癬菌の細胞膜の透過性を増加させ白癬菌の細胞内の含有成分を細胞外に放出させ殺真菌作用を発揮します。又、テルビナフィンは、角質親和性が高い為細胞移行性が高く、血中濃度の半減期が長いので低濃度でも持続性のある抗真菌作用があります。 ラミシールは、汗疱状足白癬や白雲などの表在性皮膚真菌症にはスプレーやクリーム、液状などの外用薬が処方されていますが、表在性皮膚真菌症でも角質増殖型足白癬や爪白癬、深在性皮膚真菌症の治療には錠剤の服用薬が処方されています。 セラミEXは、水虫やゼニたむし、いんきんたむしに有効とされ、スプレーやクリーム、液状が市販され、局所麻酔薬リドカインが配合されているので痒みの抑制効果が高い抗真菌薬です。 ダマリンは、ベトつかないクリームと湿潤な患部に適したパウダースプレー、患部を冷却するアイススプレー、液状が市販され、鎮痒効果のあるリドカインやL-メントールが含まれています。又、クリームには、角質を柔らかし有効成分の浸透率を上げる尿素が配合されているのも特徴です。 メンソレータムエクシブディープ10クリームは、テルビナフィンに尿素が10%も配合され浸透率が高く、角質増殖型足白癬にも高い抗真菌作用を示します。 ラミシール錠のジェネリック医薬品として、ケルガー錠やテルビナフィン錠、テルミシール錠、リプノール錠、テルビー錠などの製品名で販売されています。

2019年08月22日
テルビナフィン使用で起こる副作用とは?

テルビナフィンはアリルアミン系の抗真菌薬で、カビや酵母といった真菌に高い殺菌作用を示す薬です。 種類にはクリーム、スプレー、液剤、錠剤があり、皮膚に現れる表在性皮膚真菌症にはクリーム、スプレー、液剤を処方し、手足の爪の中や体内の臓器に増殖する深在性皮膚真菌症には錠剤と使い分けて処方されます。 テルビナフィンは真菌の細胞膜内にあるスクアレンエポキシダーゼを阻害することで、真菌が生きるために必要とされるエルゴステロール合成を妨げる効果があり、細胞膜機能を崩壊させることで殺菌的な作用を及ぼします。 適用する症状には水虫、カンジダ、スポロトリコーシス、クロモミコーシスといったもので、特に白癬菌、カンジダ菌に効果がでるので、手足や頭部などの水虫、カンジダ症の治療に使用されます。 抗真菌薬はクリームなどの塗り薬が一般的で、水虫などの皮膚に定着した真菌に効果を発揮しますが、外用薬では治療が難しい場合に限り、内服薬である錠剤が処方されます。 深在性皮膚真菌症である白癬性肉芽腫、スポロトリコーシス、クロモミコーシスや、爪の中にで増殖する水虫、爪カンジダの治療に内服薬が使用されます。 特に爪白癬は塗り薬での治療は困難とされ、この症状に作用する内服薬が少ないためにテルビナフィンを処方する機会が増えています。 クリームや液剤などの塗り薬では、特に強い副作用はありませんが、まれに発疹や薬剤アレルギーなどの過敏症状を起こすことがあります。 錠剤では吐き気や食欲不振、発熱、めまい、胃の不快感、腹痛といった胃腸や肝機能障害があり、白血球や血小板が減少する血液障害も起こる可能性があります。 また眠気やめまいを起こすこともあるため、服用後の車の運転や高所作業は十分に注意する必要があります。

2019年08月06日