Month: October 2019
高齢者の水虫治療は通販でテルビナフィンが成分の薬を

高齢者は皮膚のバリア機能や免疫機能が低下しているために、水虫などの皮膚の感染症にもかかりやすくなっています。 水虫は白癬菌というカビが皮膚の角質層に寄生して発症する皮膚の病気ですが、高齢者は皮膚が硬くなったり厚くなったりしているので白癬菌が寄生しやすいこともあり、感染の予防に気をつけたいところです。 また、水虫は患者さんの皮膚から落ちた角質にも菌がひそんでいて、それを踏んだ別の人にもうつることがある病気なので、銭湯やデイサービスでの入浴などを利用する機会がある高齢者の方は、そういった場所で白癬菌をもらってこないように注意が必要です。 公共の場所に行った後に白癬菌に感染するリスクを下げるには、家に帰ってから手や足を石けんで綺麗に洗うことが有効だとされています。 しかし、そんな注意をしていても白癬菌に感染してしまったら、一番良いのは皮膚科で診察を受け、テルビナフィンなどの適切な治療薬をもらって治療をすることです。 白癬菌は足に感染する足白癬(いわゆる水虫)が有名ですが、爪や頭などにも感染することがあり、その場合、爪白癬、頭部白癬(しらくも)と呼ばれ、塗り薬では治療が難しい病気となります。 テルビナフィンは白癬菌のようなカビを殺菌出来る薬で、塗り薬の他に液剤や飲み薬もあるので、皮膚科で爪白癬や頭部白癬と診断された場合は飲み薬のテルビナフィンを処方されることがあるかもしれません。 さて、高齢者の方が水虫治療をしたい時に、病院へ行くのが大変な場合は通販でテルビナフィンを有効成分としているクリームや液状の薬を買うという方法があります。 テルビナフィンを有効成分として配合した薬は、大手の製薬会社が発売しているものが通販で買えるので、安心して水虫治療に使うことが出来ます。 ただ、飲み薬のテルビナフィンは普通の通販では扱っていないので、爪水虫や頭部白癬が疑われる時は皮膚科を受診するのがおすすめです。

2019年10月08日